下関市の特性を熟知し、高機能で高性能な住宅を建てるならR+house下関
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

下関市で戸建ての新築を建てるなら?費用や注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

家づくりノウハウ
公開日:2024.06.12
最終更新日:2024.06.12
R+house下関の家づくり写真
R+house下関の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.06.12
最終更新日:2024.06.12

下関市で戸建ての新築を建てるなら?費用や注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

下関で戸建ての新築を建てるなら?
下関市で戸建ての新築を建てるなら?費用や注意点についても解説

目 次

下関市は、地方でもアクセスの面が良く、自然環境も魅力的な人気の街です。新築で戸建てを建てるなら、下関市で建てたいとお考えの方が多いのではないでしょうか。

一方で、家を建てる人生の一大イベントに、費用や間取りづくりの面で疑問や不安を抱えている方も多いと思います。

本記事では、新築の戸建てを建てる一般的な3つの方法を解説し、費用別の新築戸建てのモデルを紹介します。下関市で新築の戸建てを建てる際の注意点についても解説するので、ぜひ確認してみてください。

下関市で戸建ての新築を建てるなら?

R+house下関の家づくり写真
戸建てを新築で建てる場合、以下の3つの方法があります。

  • 注文住宅
  • 規格住宅
  • 分譲(建売)住宅

  • それぞれ3つについて詳しく解説します。自分に合った方法を選んで、下関市で新築の戸建てを建ててください。

    注文住宅で建てる

    注文住宅では、間取りや内装・外装を自分で自由にデザインして戸建て住宅を建てることができます。理想のマイホームを手に入れることができる点が最大のメリットです。

    注文住宅で新築の戸建てを建てる場合は、まずどのような家にしたいかをイメージし、予算を決めましょう。その後、注文先のハウスメーカーや工務店を選んで、具体的な間取りづくりや見積書を作成します。

    注文住宅のメリットはさまざまです。住宅のデザインや窓の大きさを変更できるだけでなく、土地選びからこだわることができます。通勤や通学を考慮して駅の近くに家を建てる人もいますし、閑静な住宅街に家を建てることも可能です。

    注文住宅の注意点は、費用が高くなる傾向にあることです。しかし、下関市の土地価格は比較的低価格で、下関市独自の助成金などを活用すれば建築費用を抑えることができるので、確認してみてください。

    規格住宅で建てる

    規格住宅とは、ハウスメーカーや工務店によって決められた規格に沿って新築戸建てを建てる方法です。注文住宅のように一から自分の理想の家にすることはできませんが、分譲住宅よりは自由度が高いことから、注文住宅の一種として捉えられています。

    それぞれのハウスメーカーや工務店によって規格はさまざまなので、決められた規格といっても柔軟性が高いです。間取りや、内装・外装、設備を規格内から選んで組み合わせることができます。

    また、建材や工法の規格も決められていることから、コストの削減・工期の短縮が大きなメリットです。注文住宅ですべてを一から決めることが負担な場合は、規格住宅が適しています。

    一方で、規格に沿わない条件が出てしまうと施工ができなくなることがあります。特に、土地の形状で規格外になることが大きので気をつけましょう。

    分譲住宅(建売)で建てる

    分譲住宅は、土地と建物がセットになって販売されており、出来上がった新築の戸建てを手に入れることができます。すでに土地に建物が建っている状態で販売するので、戸建てを建てるよりは、購入する形です。

    分譲住宅と建売住宅は、どちらも土地と建物をセットで購入できることから、ほぼ同じ意味で扱われています。具体的には、分譲住宅は、同じような外観の家が何軒も並んでいる大きな分譲地に建てられた戸建てをイメージしてください。

    建売住宅は、住宅地の中に1軒新しい戸建てが建てられていることが多いです。どちらも、土地を持っていない方や、予算を抑えてすぐに新築の戸建てがほしい方に向いています。

    一方で、分譲住宅と建売住宅のデメリットは、すでに建物が完成しているので、工事過程の確認や、手抜き工事に気付けないことです。対策として、アフターサービスの整っている不動産を選びましょう。

    【価格相場】下関市で新築戸建ての家の具体例

    R+house下関の家づくり写真
    下関市では、どんな新築の戸建てを建てることができるのか、代表的な2000万円台・3000万円台・4000万円台を取り上げ、価格別に紹介します。

    費用の高い注文住宅でも建てることができますので、ぜひ参考にしてみてください。

    2000万円台

    下関市では、分譲住宅・建売住宅の場合、3LDK〜4LDKの2階建ての新築戸建てを2000万円台で購入することができます。延床面積は30坪弱が多く、土地面積は40坪前後です。

    注文住宅では、シンプルな形状や外装にしたり、木造構造にすることで新築戸建の建築が可能です。地震対策を優先することもあり、価格を2000万円台で抑えるには、外装のデザイン性や建物の広さなど妥協が必要な場合があります。

    規格住宅にすると、分譲住宅・建売住宅とほぼ同様の大きさで、少し自由度の高い新築戸建てを建てることができます。下関市では、自然環境保全や省エネに力を入れており、2000万円台の住宅でもZEH住宅や太陽光発電付きの新築戸建があるのが魅力の1つです。

    3000万円台

    3000万円台に入ると、注文住宅、規格住宅、分譲住宅・建売住宅、すべてにおいてある程度の広さを確保できる新築戸建を建てることができます。土地価格相場が低いことが、低コストの要因です。

    下関市の注文住宅の相場はどのくらい?R+house

    注文住宅では、間取りの自由度はもちろん、耐震性や高断熱性にも対応した新築戸建てを建てられます。しかし、広さは、規格住宅、分譲住宅・建売住宅に劣り、3000万円台で30坪前後が限界です。

    分譲住宅・建売住宅では、間取りは5LDKに対応でき、さらに広い土地が必要な平屋も購入可能になります。

    4000万円台

    4000万円台まで費用を用意できるなら、注文住宅がおすすめです。下関市では、4000万円台で土地代も含めた注文住宅で、ほぼ制限なく新築戸建を建てることができます。

    4000万円台の注文住宅の具体例としては、耐震性や高断熱性はもちろん、吹き抜けやガレージ、中庭を作ることが可能になるでしょう。耐震性を維持するために、デザイン性を求めると費用が高額になりますが、下関市なら両立が可能です。

    規格住宅にすれば、特に価格と広さの両立が叶えられます。分譲住宅・建売住宅の場合も、好きな土地や理想の家の広さをより制限なく、かつスピーディーに購入することができるでしょう。

    4000万円台は、延床面積60坪超えの新築戸建や、平屋の取り扱いが多いです。また、下関市は、勾配のある土地も多いので、特殊な土地を活用した新築戸建ても建てることもできます。

    下関市の新築戸建ての間取り例

    下関市の新築戸建ての間取り例を紹介します。

    延床面積や敷地面積に注目し、理想の新築戸建てのイメージや予算の計画に役立ててください。

    広い土地を活かした平屋

    下関市は、土地価格相場が低いことから、広い土地を活かした新築戸建てを建てることができます。広い土地を確保できた場合は、平屋にするのがおすすめです。

    平屋は高さがない分、大きな吹き抜けなどを取り入れることは難しいですが、奥行きを感じさせることで、開放感をプラスすることができます。

    例えば、広々とした空間に仕切りをつけずに、キッチンやリビングを大きく設けているといいでしょう。また、注文住宅で平屋の新築戸建てを建てる場合、収納スペースはロフトを用いたり、玄関付近に作ることで、広さを確保しつつ、動線にも影響の少ない間取りにすることができます。

    参照:「平屋」の施工事例 R+house

    駐車場や庭付きの戸建て

    外構にこだわりを持つことができることも、新築戸建てならではの魅力です。
    ビルトインガレージにして、限られた敷地面積の中で駐車場を設けたり、中庭やバルコニー付きの新築戸建てにしたりすることができます。

    ガレージで面積が減ってしまう1階には、玄関と収納を設け、2階にリビングと水回り、3階に寝室などのプライベートルーム、バルコニーを設けることもおすすめです。ビルトインガレージなど、複雑な形状の戸建てになる場合は、耐震性が損なわれないように注意しましょう。

    参照:インナーバルコニーのある3階建ての家 R+house

    下関市で新築戸建てを建てる際の注意点

    R+house下関の家づくり写真
    建築費以外にも多くの費用がかかり予算をオーバーしてしまったり、建築後や購入後に不備が見つかる場合もあります。下関市で新築の戸建てを建てる際は、以下の3つに注意しましょう。

  • 内覧時に不備がないか確認しておく
  • 購入費用に含まれる項目をチェックする
  • 補助金が利用できないか確かめる

  • それぞれについて解説するので確認してみてください。

    内覧時に不備がないか確認しておく

    建物が完成すると引き渡し前に、内覧することができます。その際に、不備がないかしっかり確認することが大切です。引き渡し後に、不備を指摘しても、引き渡し前の不備だと証明できなくなることがあるからです。

    内覧時は特に以下の3つの視点から不備の確認を行いましょう。

  • 点検口の有無
  • 水回り・換気扇の設備状態
  • ドアや窓の配置・強度

  • 住宅には、基本的に床下や屋根裏に点検口が設置されています。。構造上、点検口がない場合は、設置されていない理由を聞いておきましょう。

    水回りは、故障やトラブルが発生しやすい場所です。設備や設置状態をよく確認しましょう。また換気扇の場所や有無も適切か確認してください。トイレに換気がなかった場合、臭いや衛生面で生活に影響を及ぼす可能性があります。

    見落としやすいのが、ドアの不具合や、窓の配置です。ドアの開閉時の音やスムーズさ、スペースなどを確認することをおすすめします。窓の配置は、隣の家と重なり視線を感じたり、日当たりに問題が生じたりすることもありますので、注意が必要です。

    購入費用に含まれる項目をチェックする

    家を建てるには、建築費用だけでなく税金などの諸費用が発生します。購入費用、建築費用を間違えて把握しないように、費用の項目をよく確認しましょう。

    注文住宅の場合、本体建築費用は全体の建築費用の70%と言われています。残り30%ほどが別途工事費用や税金としてかかってくるので気をつけてください。

    分譲住宅・建売住宅で新築戸建てを購入する際も、購入費用の他に別途工事費やオプション費用がかかってくる場合があります。不動産やハウスメーカーに購入項目の内訳を聞いておきましょう。

    また、建物が完成する前に建築費用を全額払ってしまうことも好ましくありません。必ず完成した家を見て、問題がないことを確認してから費用を支払うようにしてください。

    補助金が利用できないか確かめる

    下関市は、家を建てる方や移住される方向けの独自の補助金制度が充実してます。該当する補助金を確認し、有効活用しましょう。

    新築戸建てを下関市で建てる場合は、特に以下の4つがおすすめの補助金です。

  • LCCM住宅整備推進事業
  • 地域型住宅グリーン化事業
  • 住宅ローン・不動産取得税・登録免許税・固定資産税の減税
  • 下関市移住者向け住宅購入支援事業補助金

  • LCCM住宅整備推進事業は、ZEH住宅に加え、住宅の建築過程から廃棄過程において、二酸化炭素の排出量を抑えた新築戸建て向けの補助金制度です。地域型住宅グリーン化事業は、木造戸建てを新築した場合に補助金を受け取れます。

    住宅ローンなどの税金の減税については、住宅の床面積が50㎡以上で住宅ローンの返済期間が10年以上といった条件があるので注意しましょう。下関市に初めて住む方も、新築戸建てを建てて補助金を受けることができます。

    注文住宅の場合、多くがZEH住宅や長期優良住宅が対象条件です。注文住宅で新築戸建てを建てる際は、ZEH住宅か長期優良住宅の認定基準を満たしましょう。
    下関市の2024年最新の補助金について詳しく解説しているので、確認してみてください。
    参照:下関でも使える注文住宅の補助金・助成金2024年最新版 R+house

    まとめ

    R+house下関の家づくり写真

    本記事では、一般的な新築の戸建てを建てる方法を解説し、下関市の具体的な新築戸建の例をあげ、紹介しました。

    新築戸建を建てる方法は以下のとおりです。

  • 注文住宅
  • 規格住宅
  • 分譲(建売)住宅

  • 下関市は、2023年に住みたい田舎町ランキング3位にランクインもしています。価格と理想のバランスを調整して、ぜひ下関市で念願の新築戸建マイホームを建ててみてください。


    #山口県下関市#新築 #家づくりの基礎知識 #間取り

    おすすめのコラム
    家づくりの豆知識をお伝えします。

    R+house下関の家づくり写真
    家づくりノウハウ
    2024.06.03

    注文住宅で理想的な一人暮らしを実現する平屋を建てるには?注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    R+house下関の家づくり写真
    家づくりノウハウ
    2024.03.08

    注文住宅のメリット・デメリットとは?後悔しないための注意点も解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    R+house下関の家づくり写真
    家づくりノウハウ
    2024.06.12

    注文住宅で3LDKの平屋を建てる際のポイントとは?注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    R+house下関の家づくり写真
    お金
    2024.05.07

    下関市の注文住宅の相場はどのくらい?費用を抑えるポイントや施工事例も解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    前へ
    注文住宅で理想的な一人暮らしを実現する平屋を建てるには?注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】
    注文住宅で3LDKの平屋を建てる際のポイントとは?注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】
    次へ
    注文住宅で理想的な一人暮らしを実現する平屋を建てるには?注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】
    注文住宅で3LDKの平屋を建てる際のポイントとは?注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    おすすめの施工事例
    こだわりの注文住宅をご紹介します。

    強みをご紹介
    私たちの家づくりの強みをご紹介します。

    耐震性能の高い家

    耐震性の強い家

    住宅を建てる際に最優先に考慮すべき点は安全性です。災害が発生した際に家族を守り抜くことができなければ、住まいの意役割は無いに等しくなってしまいます。今回は、安心して生活できるR+house下関の耐震性能についてご紹介いたします。
    建築家とつくる高性能デザイン注文住宅

    建築家とのデザイン性の高い家づくり

    建築家の家づくりについての一般的なイメージは、見た目の美しさやデザインに重点が置かれることが多くあります。しかし、R+houseの建築家のアプローチは異なります。
    R+houseの建築家は、お客様とのコミュニケーションを通じて、単に見た目だけでなく、実際の住環境に焦点を当てています。お客様とのコミュニケーションの中では「あなたの趣味は何ですか?」「家でくつろぐ際、どんな状況が理想ですか?」といった具体的なライフスタイルに関する情報を収集することがあります。このような会話は、お客様とご家族の理想的な生活スタイルに合った家をデザインするためのプロセスの一部です。
    R+houseの建築家は、あなた自身が気づいていないかもしれない「理想」を見つけ、それを実現するお手伝いをします。建築家は、見た目だけでなく、住んでみてより理解できる、魅力に満ちた家を提案するプロフェッショナルなのです。
    R+house下関

    高性能住宅の秘密

    住宅には暮らしを充実させる大きな役割があります。
    長い時間を過ごす場所であるためランニングコストを気にせず、健康に良いとされる室温を維持し
    快適な環境下で過ごして頂きたい。
    地震などの自然災害にも耐え、大切な住まいをいつまでも使い続けていただくことも、私たちの使命です。未来を見据えて、持続可能な住宅を「R+house」は築いています。

    商品
    私たちの商品をご紹介します。

    おすすめのイベント
    私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

    イベント画像
    個別相談会
    2024年6月01日~7月31日
    【下関市で開催!】個別相談会
    おうちづくりのギモンを解決!個別相談会開催中
    参加費無料

    R+house下関の家づくり写真
    Instagramで投稿している写真をご紹介します。

    R+house下関の家づくり写真

    お問い合わせ
    注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

    R+house下関
    住所
    山口県下関市長府安養寺1-15-13
    営業時間
    09:00~17:00
    休業日
    不定休