下関市の特性を熟知し、高機能で高性能な住宅を建てるならR+house下関
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

パッシブデザインとは
環境とお財布に優しい快適で健康的な生活環境を実現

暖かい雰囲気のダイニング
「パッシブデザイン」という用語をご存知でしょうか? パッシブデザインは、住宅設計において自然エネルギーを活用し、快適で健康的な生活環境を実現する手法です。この手法は、冷暖房や照明の使用を最小限に抑え、エネルギーの無駄を減らすことを特長としています。言い換えれば、これによって光熱費を節約し、かつ環境にも貢献することが可能です。

しかし、この目標を達成するためには、その建物が立つ地域の自然環境や地域の特性を理解し、設計を行う必要があります。このような手法によって、環境への負荷を軽減し、経済的にもメリットを享受できる生活を実現できるのです。

そして、R+house下関の建築家たちは、このパッシブデザインの手法を熟知し、ご自身の専門知識を活かして、環境に配慮した住環境を提供することが可能です。

自然環境を有効に活用するパッシブデザイン

「パッシブデザイン」とは、太陽の熱や光、風などの自然エネルギーを積極的に活用し、より快適で健康的な生活環境を実現するための建築設計の専門技術と手法を指します。このアプローチは、エアコンなどの機械的なシステムに頼るのではなく、自然の資源を最大限に利用することで、光熱費を最小限に抑えつつ、室内環境を最適化し、夏は涼しく、冬は温かい快適な生活を実現するのが特長です。
パッシブデザインについて

パッシブデザインの数々のメリット

パッシブデザインによる住宅には、多くの利点があります。まず、夏は涼しく、冬は暖かいという快適な居住環境を一年中過ごすことができることは言うまでもありません。さらに、室内の温度差が均一化されるため、ヒートショックなどの健康リスクを低減することができます。そして何より、自然エネルギーの活用によって光熱費が節約でき、家計への負担が最小限に抑えられる点が最も大きなメリットと言えるでしょう。

下関市の独自の地域特性と住環境に適した住宅設計

下関市内は、三方を海に囲まれつつ山間部も多く、日本海や瀬戸内海という異なる性質を持つ海面と接した地域という、異なる自然環境が広がっています。さらに、市街地中心部には住宅密集地が多く、日差しの取り入れ方も繊細に検討する必要があります。

このような下関市独自の地域特性を深く理解し、土地の潜在力を最大限に引き出す力を持つのが、R+house下関とR+houseの建築家たちです。私たちは、お客様のニーズに合わせた快適で省エネルギーな暮らしを提案し、実現するお手伝いをいたします。地域に密着し、自然の資源を活かした住環境をご提供いたします。
コプロス R+house下関


パッシブデザインの5つの要素


快適で省エネなパッシブデザインの住宅を実現するためには、以下の5つの要素を絶妙に組み合わせる必要があります。

  • 断熱・気密:外部からの気温変化や気温差を住宅内に侵入させず、快適な温度を維持するための断熱材と気密性の確保。
  • 日射遮蔽と日射取得:太陽の光や熱を適切に管理し、冷暖房の必要性を減らすための日射遮蔽と日射取得の調整。
  • 自然風:室内の新鮮な空気を確保し、快適な通気と温度調整を促進するための自然風の導入。
  • 昼光:人工照明の使用を減らし、健康的な環境を実現するための十分な昼光の導入。
  • 日射熱:太陽からの熱を効果的に活用し、室内温度を安定させるための日射熱の利用。

  • これらの要素をバランスよく取り入れることによって、パッシブデザインの住宅は快適でエネルギー効率の高い生活空間を実現します。各要素の特性について詳しくご説明いたします。
    5つの設計ポイント


    1. 断熱・気密

    「夏は涼しく冬は暖かい」理想の住まいを実現するには、この要素が最も不可欠です。断熱性と気密性が低い場合、外部の気温に室内が左右され、室温の一貫性を維持することが難しくなります。この問題を解決するため、R+house下関では、国の規格やゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の要件を大幅に上回る、全国でトップクラスの断熱性能であるHEAT20 G2グレード(UA値0.46)を標準として採用しています。優れた断熱性能により、小さな暖冷房の負荷で快適な生活を実現することが可能となります。
    UA値に優れたR+house


    2.日射遮蔽と日射取得

    快適な夏季の過ごし方には、日射遮蔽が極めて重要です。これは、建物の配置や庇の設計によって、太陽の強烈な光線を適切にブロックすることを指します。これにより、居住空間内の高温化を抑えることが可能です。

    一方、寒冷な冬季には、晴れた日中の暖かい陽射しを効果的に取り込むことが必要です。これを日射取得と呼びます。季節や時間帯に合わせて日差しをコントロールすることが、一年を通じて快適な生活環境を確保するために欠かせない要素です。これらの計算とシミュレーションを通じて、最適な設計を行うことが不可欠です。
    自然エネルギーを有効に取り入れた部屋

    3. 自然風

    風の流れは地域によって異なります。心地よい風を室内に導入することで、自然の力を駆使して快適な環境を維持し、室内の空気を効果的に循環させることができます。慎重に計算された窓の位置設計や、断熱気密性の高い住宅ならではの吹き抜けの導入によって実現しています。

    4. 昼光の活用

    光熱費を削減するためには、昼間に電力を消費する必要を最小限に抑える設計が不可欠です。このため、太陽光を効果的に取り入れる方法を探求し、設計プロセスで詳細なシミュレーションを実施します。

    5. 日射熱の活用

    冬季に快適な温かさを実現するために、日射熱は不可欠な要素です。このために、大きな窓を配置し、住まい内に設置された蓄熱体を活用して、日射熱を蓄える設計が重要です。この方法により、著しい省エネルギー効果が期待できます。ただし、高い断熱性能が確保されていないと、日射熱が外部に逃げてしまう可能性が高く、この課題を克服するためには高度な技術力が求められます。


    R+house建築家のパッシブデザイン

    R+houseの建築家たちは、建設予定の地を実地で調査し、その土地の自然環境や周辺の特性を詳細に理解し、それに合った設計に取り組みます。地域の固有の特徴を活かした設計により、機械に頼らないエネルギー消費を最小限に抑え、代わりに自然エネルギーを最大限に活用することで、光熱費を削減しながらも快適な住まいを実現しています。

    R+house建築家の強み

    R+houseの建築家は、全国各地のお客様の住まいを設計するために、積極的に足を運んでいます。我々は、各地域の独自の自然環境、周辺状況、地域の文化や習慣などを徹底的に調査し、最適な住宅設計に反映させています。多岐にわたる地域に精通した建築家と、下関市の特徴を深く理解するR+house下関とのコラボレーションにより、各地域独自の特性を最大限に活かした設計提案をご提供できます。




    #注文住宅
    #デザイン

    強みをご紹介
    私たちの家づくりの強みをご紹介します。

    耐震性能の高い家

    耐震性の強い家

    住宅を建てる際に最優先に考慮すべき点は安全性です。災害が発生した際に家族を守り抜くことができなければ、住まいの意役割は無いに等しくなってしまいます。今回は、安心して生活できるR+house下関の耐震性能についてご紹介いたします。
    高気密住宅

    高気密住宅

    快適な住環境を確保するためには、単に断熱性だけでなく、気密性にも重点を置くことが欠かせません。どれほど優れた断熱性能を有していても、気密性が不足していれば、その効果は希薄化されてしまいます。高い気密性を持つ住宅の利点と、R+house下関が提供する住宅における気密性能について、以下に詳しくご紹介いたします。
    コストパフォーマンス性

    コストパフォーマンス

    人生で最も重要な投資とされる住宅購入。初めての経験であり、多くの方がどれほどの費用が掛かるのか、そしてどのようにコストを削減できるかについて理解が不足していることでしょう。A社とB社で同じ条件で見積もりを取っても、数百万円もの差が生じることは決して珍しくありません。R+house下関は、お客様が家づくりで後悔しないようにという思いから、優れたコストパフォーマンスで建築家住宅を提供しています。
    冬は暖かく、夏は涼しい高断熱住宅

    高断熱住宅に暮らす

    快適な住まいには、一定の室温が維持されることが不可欠です。住宅のデザインがどれほど優れていても、夏には暑く、冬には寒い住まいでは期待通りの生活が送れません。
    理想的な住宅は、「夏は涼しく、冬は暖かい」といったコンディションを提供します。この理想を実現するためには、「高断熱性」が重要な要素です。高断熱性は、外部の気温の影響を室内に侵入させず、快適な環境を保つ役割を果たします。さらに、住まいの快適さを維持し、高断熱性の効果を最大限に引き出すためには、「高い気密性」も欠かせません。外部からの不要な風や湿気を防ぎ、室内の快適さを確保するのです。
    R+house下関

    高性能住宅の秘密

    住宅には暮らしを充実させる大きな役割があります。
    長い時間を過ごす場所であるためランニングコストを気にせず、健康に良いとされる室温を維持し
    快適な環境下で過ごして頂きたい。
    地震などの自然災害にも耐え、大切な住まいをいつまでも使い続けていただくことも、私たちの使命です。未来を見据えて、持続可能な住宅を「R+house」は築いています。
    建築家とつくる高性能デザイン注文住宅

    建築家とのデザイン性の高い家づくり

    建築家の家づくりについての一般的なイメージは、見た目の美しさやデザインに重点が置かれることが多くあります。しかし、R+houseの建築家のアプローチは異なります。
    R+houseの建築家は、お客様とのコミュニケーションを通じて、単に見た目だけでなく、実際の住環境に焦点を当てています。お客様とのコミュニケーションの中では「あなたの趣味は何ですか?」「家でくつろぐ際、どんな状況が理想ですか?」といった具体的なライフスタイルに関する情報を収集することがあります。このような会話は、お客様とご家族の理想的な生活スタイルに合った家をデザインするためのプロセスの一部です。
    R+houseの建築家は、あなた自身が気づいていないかもしれない「理想」を見つけ、それを実現するお手伝いをします。建築家は、見た目だけでなく、住んでみてより理解できる、魅力に満ちた家を提案するプロフェッショナルなのです。

    商品
    私たちの商品をご紹介します。

    おすすめの施工事例
    こだわりの注文住宅をご紹介します。

    おすすめのイベント
    私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

    イベント画像
    個別相談会
    2024年4月01日~5月31日
    【下関市で開催!】個別相談会
    おうちづくりのギモンを解決!個別相談会開催中
    参加費無料

    おすすめのコラム
    家づくりの豆知識をお伝えします。

    R+house下関の家づくり写真
    お金
    2024.04.04

    注文住宅を建てる際の住宅ローンの流れとは?注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    R+house下関の家づくり写真
    家づくりノウハウ
    2024.04.04

    注文住宅で地震に強い家にするには?5つの要素と注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    R+house下関の家づくり写真
    家づくりノウハウ
    2024.03.08

    下関でも使える注文住宅の補助金・助成金2024年最新版|減税制度や注意点も解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    R+house下関の家づくり写真
    家づくりノウハウ
    2024.03.08

    注文住宅が完成するまでの流れと期間は?支払いのスケジュールも解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    R+house下関の家づくり写真

    お問い合わせ
    注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

    R+house下関
    住所
    山口県下関市長府安養寺1-15-13
    営業時間
    09:00~17:00
    休業日
    不定休