下関市の特性を熟知し、高機能で高性能な住宅を建てるならR+house下関
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

注文住宅で3LDKの平屋を建てる際のポイントとは?注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

家づくりノウハウ
公開日:2024.06.12
最終更新日:2024.06.12
R+house下関の家づくり写真
R+house下関の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.06.12
最終更新日:2024.06.12

注文住宅で3LDKの平屋を建てる際のポイントとは?注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

R+house下関の家づくり写真
注文住宅で3LDKの平屋を建てる際のポイントとは?注意点についても解説

目 次

念願のマイホームを建てる際に、平屋にしようか悩んでる方が多いのではないでしょうか。

田舎によくある昔の日本家屋のイメージが強い平屋ですが、近年シンプルでおしゃれな外観や機能面の高さにより人気に拍車がかかっています。

本記事では、ご家族様でもお一人暮らしの方でも広々と暮らせる3LDKの平屋について、注文住宅で建てる際のポイントを解説します。3LDKの平屋のメリットとデメリット、さらに注意点についても解説するので、ぜひ確認してみてください。

注文住宅で3LDKの平屋を建てる際に理解しておきたいポイント

注文住宅で3LDKの平屋を建てる際に、以下の3つのポイントを理解しておくことが大切です。

  • 3LDKの平屋に最適な坪数の目安
  • 必要な土地の広さの目安
  • 必要な建築費の相場

  • それぞれについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

    3LDKの平屋に最適な坪数の目安

    3LDKの平屋を注文住宅で建てる場合、住宅面積に必要な坪数の目安は30〜35坪です。40坪もあれば、十分に広々とした3LDKの平屋を建てることができます。

    住宅面積が30坪の場合、比較的コンパクトな3LDKの平屋になることが予想されます。一人暮らしで3LDKに住む場合に適しているでしょう。

    35〜40坪あると、4〜5人家族まで対応できる十分な広さを持った3LDKの平屋にできます。

    家庭の状況や理想の暮らし方を考え、間取りの工夫を行い、最適な坪数に調整しましょう。

    必要な土地の広さの目安

    平屋の3LDKを建てる際は、敷地面積を165㎡以上は確保しましょう。坪数に換算すると、50坪以上となり、駐車場や小さな中庭を設けることができます。

    住宅金融支援機構では、注文住宅の敷地面積の全国平均は、252.7㎡で76.44坪です。50坪ほどで駐車場も設けられるので、全国平均の建築費3,715.2万円では、4LDKの平屋を建てるには、十分な土地であることがわかります。

    しかし、建ぺい率によって建てられる家の面積が変わってくるので注意が必要です。建ぺい率とは、敷地面積と住宅面積の割合のことで、行政により上限が決められているので、上限を超える建築はできません。

    建ぺい率は、30〜80%までありますが、一般的に60%の場合が多いです。地域によって変わってくるので、事前に建ぺい率を調べ、30坪以上を確保できる土地を探しましょう。

    必要な建築費の相場

    注文住宅で平屋を建てる際に必要な建築費の相場は、住む地域によって大きく異なります。土地単価や坪単価が地域によって変わってくるからです。

    住宅金融支援機構の調査によると、土地なしの注文住宅の建築費用の全国平均は、3,715.2万円です。住宅面積は122.8㎡であることから、坪数の平均は37.14坪とわかります。

    上記より坪単価を計算すると、全国の平均は、70万円です。4LDKの場合、必要な床面積の坪数は30〜40坪なので、建築費の相場は、3000〜4000万円を目安にしてください。

    注文住宅の場合、土地から購入する方は、更に費用がかかります。外構にこだわりたい場合も、敷地面積としてさらに広い土地が必要になるので、相場が高くなることを把握しておきましょう。

    注文住宅で3LDKの平屋を建てるメリット

    R+house下関の家づくり写真
    注文住宅で3LDKの平屋を建てた際のメリットは、以下のとおりです。

  • 開放的な空間にできる
  • 部屋数にゆとりが持てる
  • ライフスタイルの変化に対応できる

  • 3つについて、それぞれ詳しく解説するので、確認してみてください。

    開放的な空間にできる

    3LDKの平屋は、LDKを広くつくることから、家族や人が集まりやすい、奥行きのある広々とした開放的な空間を実現できます。

    廊下をなくしたり、収納スペースを工夫することは、一部屋一部屋を大きくすることもできるので、開放的な空間を叶えるために効果的な対策です。

    また、窓を大きくしたり、ウッドデッキなどを取り入れれば、外の環境も住まいの一部になったように感じ、より開放感を味わえます。

    2階がない分、天井を高くすることができるので、縦の空間も活かすことができます。勾配をつければ、おしゃれな空間になること間違いなしです。

    部屋数にゆとりが持てる

    3LDKもあれば、大きなLDKのほか、個室を3部屋も作ることができるので、大家族でない限り、部屋数にゆとりが持てます。

    例えば、子どもが2人いる4人家族の場合でも、子ども一人ひとりに部屋を与えることができます。書斎や仕事部屋といったワークスペースにすることもできるので、快適な暮らしができるでしょう。

    また、部屋数が多いことによって、個室を用意できることからプライバシーの確保ができることも魅力の一つです。

    個室もLDKも1階にすべて揃っていることから、家族で顔を合わせる機会が減ることもなく、コミュニケーションも取りやすくなります。

    ライフスタイルの変化に対応できる

    R+house下関の家づくり写真
    3LDKの平屋で、仕切りや個室の用途を工夫すれば、ライフスタイルの変化に対応できる家にすることができます。何年経っても快適に暮らせることは大きなメリットです。

    例えば、注文住宅なら、仕切りを可動式にすることによって、間取り自体を変更することができます。子どもの自立などによって使わなくなった部屋をLDKの一部にするなどして、変化したライフスタイルに対応可能です。

    個室の用途を、子ども部屋から趣味の部屋や、ゲストルームにすることによっても、ライフスタイルの変化に対応できるといえます。

    また、平屋は、バリアフリー対策にも対応できる点が大きな魅力です。階段がないので、子どもがいるときには怪我のリスクを下げ、高齢の方には、転倒のリスクの低下や移動のしやすさを提供できます。

    注文住宅で3LDKの平屋を建てるデメリット

    人気に拍車がかかっている注文住宅の3LDK平屋でも、デメリットが存在します。代表的な3つは以下のとおりです。

  • 広い土地が必要
  • 各部屋の広さが狭くなる
  • 防犯面の対策が必要

  • それぞれ詳しく解説するので、ぜひ確認してみてください。

    広い土地が必要

    3LDKの平屋を建てるには、2階建てや3階建てを建てるよりも広い土地が必要になります。高さで面積を確保することができないので、1階の延床面積のみですべての部屋を設ける広さを確保しなければならないからです。

    例えば、延床面積30坪の2階建てと平屋を比較すると、2階建ては1階と2階の合計が30坪になればよいので、建築面積となる床面積は、半分の15坪程度です。平屋はそのまま30坪の延床面積が必要になります。

    建ぺい率も関わってくるため、2階建てと平屋では、必要な敷地面積も変わってきます。建ぺい率60%の場合、延床面積30坪の平屋では、必要な敷地面積は以下のように求められます。

    30坪÷60%=50坪

    平屋は、基本的に2階建てや3階建ての2倍の土地面積が必要なることを覚えておきましょう。

    各部屋の広さが狭くなる

    3LDKの魅力は、部屋数が多いことですが、デメリットとして、各部屋が狭くなる可能性があげられます。土地の広さや建ぺい率などの建築基準法による制約があるからです。

    3LDKの平屋は、開放的な空間を実現するためにリビング・ダイニング・キッチンを広く取る傾向にあります。そのため、3つの各部屋が狭くなることが多いです。

    広い土地を確保できなかったり、建ぺい率によって延床面積が思ってたよりも確保できなかったりすることも、部屋の狭さに繋がります。

    また、家族の人数が多いと、ソファやテーブル、寝具などの家具で窮屈に感じてしまう可能性もあります。各空間の広さの配分を工夫しましょう。

    防犯面の対策が必要

    平屋の場合、防犯面での対策が必要になります。1階にすべての部屋が揃っていることから、中の様子を伺いやすく、侵入されやすいからです。
    侵入を防ぐ対策として、足音が鳴るように外構には砂利を敷き詰めたり、セキュリティシステムを導入するとよいでしょう。

    外観の理想を両立するために、窓の大きさや数を減らしたくない場合は、防犯ガラスを取り入れたり、人が侵入できないサイズの小さな窓でおしゃれさを補うこともできます。

    防犯カメラを設置して、事前に危険を防いだり、繰り返さないように対策することも大切です。

    平屋3LDKの注文住宅を建てる際の注意点

    R+house下関の家づくり写真
    注文住宅で3LDKの平屋を建てる際に注意するべきポイントを3つ紹介します。

  • 動線が長くならないようにする
  • 日当たりと風通しに配慮する
  • 部屋数の変更が可能な仕切りを取り入れる

  • それぞれ詳細を確認していきましょう。

    動線が長くならないようにする

    平屋3LDKの注文住宅を建てる際には、動線が長くならないようにしましょう。動線が長くなりすぎると家事が大変になったり、日常生活が送りにくくなったりする可能性があります。

    間取りを決める際に重要なのは、家事動線と生活動線です。家事動線は料理や洗濯、掃除など家事をする人にあわせた動線のことであり、コンパクトにまとめることで家事がしやすくなります。基本的には水回りに集約するのがおすすめです。

    生活導線を考える際には、朝起きてから夜寝るまでの動きを想定しましょう。たとえば、高齢者の人と住む場合は動線をシンプルでコンパクトにすることで、身体への負担を減らせるでしょう。

    来客が多い場合は、来客動線も考えるのがおすすめです。来客者が生活空間を通らずに、トイレに行けるようにするといった工夫をしましょう。

    日当たりと風通しに配慮する

    日当たりと風通しに配慮することも重要です。日当たりのよい住宅は明るく、湿気を滞留させないことにつながりますし、風通しがよければ空気の流れがよくなり快適に生活できます。

    日当たりを考慮する際には、窓の位置にこだわりましょう。また、風通しを意識する場合は風の入口だけでなく、出口を意識することも重要です。大きな窓を1つ設置するだけでなく、2つ設置するほうが風通しはよくなります。

    日当たりがよすぎると夏場の暑さに耐えられない可能性も。とくに西日が厳しいため、西側には窓を設置しないようにしましょう。

    部屋数の変更が可能な仕切りを取り入れる

    注文住宅を建てる際には、のちのち部屋数の変更が可能かどうかも確認してください。子どもが複数人いる場合は、将来的にそれぞれの部屋が必要になる可能性があり、柔軟に部屋数を変更できると便利です。

    部屋を区切る際には、部屋の大きさを考慮する必要があります。ほかにも天井までの高さも事前に確認しておきましょう。

    部屋数を変更する際には、別途工事が必要になる場合があります。仕切り壁とエアコンの設置、コンセントや照明の取り付けで20〜50万円前後がかかる点は理解しておきましょう。

    下関で平屋の3LDKの注文住宅を検討ならR+houseにおまかせ

    R+house下関の家づくり写真
    下関で平屋の3LDKの注文住宅を検討している場合は、R+house下関へご相談ください。デザイン性が高い家づくりができるのはもちろん、性能や耐熱性に優れた住宅を建てることも可能です。

    R+house下関が提携している建築家たちは、顧客とのコミュニケーションを重視しています。顧客の趣味や、どんな状況でくつろぎたいかなど、ライフスタイルに関する情報収集を重ねることで、顧客の理想が叶う生活環境を構築していきます。下関市で注文住宅のアイデアを探していて、何から手をつけるかお悩みなら、R+house下関の情報を参考にしていただきたいです。

    家づくりのステップや、R+house下関の家の性能とデザインをまとめた実例資料集をお配りしています。家づくりに関する勉強会や個別相談会も開催しております。ぜひお気軽にお問合せください。

    まとめ

    本記事では、注文住宅で3LDKの平屋を建てる際の理解しておきたいポイントを解説しました。3LDKの平屋を建てる際は、以下の3つを事前に把握して、間取りづくりを行いましょう。

  • 3LDKの平屋に最適な坪数の目安
  • 必要な土地の広さの目安
  • 必要な建築費の相場

  • 家づくりに関しても、さまざまな注意点があります。建てる土地や地域の特徴を把握して、デメリットを補えるよう工夫して3LDKの平屋を建ててください。


    #平屋 #注文住宅 #間取り:3LDK

    おすすめのコラム
    家づくりの豆知識をお伝えします。

    R+house下関の家づくり写真
    家づくりノウハウ
    2024.06.03

    注文住宅で理想的な一人暮らしを実現する平屋を建てるには?注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    R+house下関の家づくり写真
    お金
    2024.05.07

    下関市の注文住宅の相場はどのくらい?費用を抑えるポイントや施工事例も解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    R+house下関の家づくり写真
    お金
    2024.04.04

    注文住宅を建てる際の住宅ローンの流れとは?注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    R+house下関の家づくり写真
    家づくりノウハウ
    2024.04.04

    注文住宅で地震に強い家にするには?5つの要素と注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    前へ
    下関市で戸建ての新築を建てるなら?費用や注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】
    下関市で戸建ての新築を建てるなら?費用や注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    おすすめの施工事例
    こだわりの注文住宅をご紹介します。

    強みをご紹介
    私たちの家づくりの強みをご紹介します。

    商品
    私たちの商品をご紹介します。

    おすすめのイベント
    私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

    イベント画像
    個別相談会
    2024年6月01日~7月31日
    【下関市で開催!】個別相談会
    おうちづくりのギモンを解決!個別相談会開催中
    参加費無料

    R+house下関の家づくり写真
    Instagramで投稿している写真をご紹介します。

    R+house下関の家づくり写真

    お問い合わせ
    注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

    R+house下関
    住所
    山口県下関市長府安養寺1-15-13
    営業時間
    09:00~17:00
    休業日
    不定休