下関市の特性を熟知し、高機能で高性能な住宅を建てるならR+house下関
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

注文住宅で理想的な一人暮らしを実現する平屋を建てるには?注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

家づくりノウハウ
公開日:2024.05.07
最終更新日:2024.05.07
R+house下関の家づくり写真
R+house下関の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.05.07
最終更新日:2024.05.07

注文住宅で理想的な一人暮らしを実現する平屋を建てるには?注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

平屋で叶える理想の1人暮らし
注文住宅で理想的な一人暮らしを実現する平屋を建てるには?注意点についても解説

目 次

平屋で一人暮らしを考えている方も多いのではないでしょうか。2階建てや家族で住む家を建てることが多いとされる注文住宅ですが、自分の理想の一人暮らしができる平屋を建てることも可能です。

本記事では、一人暮らしの人が、注文住宅で平屋を建てる際のメリット・デメリットと間取りや費用について解説します。注意点についても解説するので、ぜひ内容を確認してみてください。

一人暮らしの人が注文住宅で平屋を建てるメリット

注文住宅で平屋を建てて一人暮らしをする場合、以下の3つのメリットがあげられます。

  • 自分の理想の平屋にできる
  • 動線をシンプルにできる
  • バリアフリーを取り入れられる

  • 性別にとらわれず、男性の方でも女性の方でも注文住宅の平屋で一人暮らしをするメリットがあります。さらには、ご高齢者の方でも快適に過ごすことができるので、ぜひ内容を確認してみてください。

    自分の理想の平屋にできる

    注文住宅で平屋を建てる最大のメリットは、自分の理想を実現できることです。平屋は、一昔前の家というイメージがありますが、外装や内装を一から工夫することで、おしゃれで快適な家を作ることができます。

    注文住宅にすれば、自分好みのデザインで平屋を建てることができるのが大きな魅力です。色にこだわりをもたせることで、内装も外装も理想的にできます。暗い色だと、引き締まった印象になり、一方で明るい色にすると、部屋全体を広く感じる事ができます。

    土地面積が少なめで少しでも家を広く見せたい場合は、白やベージュの色にするのがおすすめです。特に、目に入りやすい床に取り入れると効果的です。十分な土地を用意することができる場合は、自分のイメージに合わせて好きな色を取り入れてもよいでしょう。

    見た目の理想だけでなく、実用性の理想も間取りの工夫で実現できます。庭や駐車場など外構の希望も叶えられるので、費用のバランスを考えながら理想の平屋を設計しましょう。

    動線をシンプルにできる

    R+house下関の家づくり写真
    注文住宅の平屋にすることで、動線をスムーズにすることができるのも大きなメリットです。家事や掃除がしやすくなり、きれいな家を保てます。

    部屋数を減らし、廊下もなくしてシンプルな間取りにすれば、生活動線をより短くすることができます。独自の家事ルーティンがある方は、その動線に合わせた間取りを設計することもできるので、注文住宅の平屋がうってつけです。

    また、スムーズな動線を確保するには、収納スペースを工夫することも重要です。家具や荷物の量で空間が狭く感じたり、散らかっている印象につながってしまいます。注文住宅で間取りを工夫できるからこそ、収納スペースも十分に設置しましょう。

    さらに、間取りの仕切りを可動式にするなどの工夫を行えば、2階がない分、すべての部屋の寒暖差を抑えることもできます。コンパクトな平屋の場合、エアコン1台で部屋全体を快適な温度にすることができるでしょう。一人暮らし用の注文住宅の平屋ならではの強みです。

    バリアフリーを取り入れられる

    一人暮らしの平屋の注文住宅では、バリアフリーを実現しやすい点も特徴です。平屋では、階段の上り下りがないだけでも、バリアフリーに繋がります。そのほかにも、注文住宅にすることで、費用範囲内で細やかなバリアフリーへの配慮が可能です。

    例えば、玄関や部屋の境目などの段差が生じる箇所には、スロープを設けたり、車椅子を想定してドアの幅を広くして、引き戸を取り入れることもできます。

    手すりもこまめに配置したり、トイレやお風呂場も広く設計するとよいでしょう。介護が必要になった場合、とてもやりやすくなります。

    さらに、広く設けたお風呂場などに暖房器具などを取り付けることも、おすすめのバリアフリー対策です。寒い冬場などに多く発生するヒートショックを防ぐ効果があります。急激な温度変化による血圧への影響を配慮し、冬場にお風呂に入る際は、暖房器具で温めておきましょう。

    一人暮らしの人が注文住宅で平屋を建てるデメリット

    R+house下関の家づくり写真

    平屋で一人暮らしをする際には、メリットだけでなくデメリットも存在します。注文住宅で平屋を建てる際のデメリットは、以下の2つです。

  • 日当たりや風通しを考慮する必要がある
  • メンテナンスや維持管理の手間がかかる

  • それぞれの解決策を提示しながら、詳細を解説します。

    日当たりや風通しを考慮する必要がある

    平屋は高さがなく、横に面積が広がるため、周りの建物や環境によって日当たりや風通しが制限されることがあります。窓を工夫してみたり、立地自体を考慮したりすることが重要です。

    注文住宅の場合は、日当たりや風通しをよくするために、大きな窓を取り入れたり、高窓や天窓を設置したりする方法が考えられます。しかし、耐震性の面から構造の強化が必要になるので、コストが大幅に上がってしまう場合があるので注意しましょう。

    一人暮らし用のコンパクトな平屋ならなおさら、窓を設置できる面積も少ないため、難易度が上がります。費用と耐震性、デザイン性とのバランスを考えながら、窓の配置を決めましょう。

    注文住宅で平屋を作る場合は、立地を意識することで、日当たりや風通しをよくすることもできます。そもそも高い建物がないところや、日当たりや風通しの良い高台を選ぶのがおすすめです。

    メンテナンスや維持管理の手間がかかる

    注文住宅の平屋は、動線のシンプル化により、生活のメンテナンスはしやすいですが、外壁や屋根、外構の手入れを自分で行わなければなりません。家を建てる時点でメンテナンス面の工夫を取り入れたり、耐久性を高めておく必要があります。

    メンテナンスや耐久性を高める際には、平屋の形状はシンプルにするのがおすすめです。四角形で、箱型の家を取り入れましょう。柱や梁の継ぎ目も少なく、6つの面で支えることができるので耐震性に長けています。

    また、外壁や屋根は、新築から10年以上経つと、定期的に塗装や張替えが必要で、一般的には60万円〜80万円程かかり、張替えとなると100万円を超えます。注文住宅を建てる際に、ガルバリウム鋼板やセルフクリーニング機能のある塗料を使用すれば、25年〜35年ほど耐久性が維持されるので、おすすめです。

    ほかにも、庭がある場合も、手入れが必要になってくるので注意が必要です。マンションのように、毎月の管理費を負担して、管理会社に任せることはできないので、メンテナンス費用を工面しておきましょう。

    注文住宅で一人暮らし用平屋のおすすめの間取り

    注文住宅で一人暮らし用の平屋を建てる際、間取りの自由度はとても高いです。さまざまな間取りの候補がありますが、おすすめの1LDKと2LDKの2つを紹介します。

    コンパクトな1LDK

    注文住宅で一人暮らし用の平屋を建てる場合は、コンパクトな1LDKがおすすめです。動線を短くし、家事や掃除がしやすいことに大きく貢献します。

    1LDKの場合は、LDK+寝室の間取りにする場合が多いです。LDKからトイレ、洗面所、お風呂といった水回り全てにアクセスできるようにすると、動線が短くなり、水回りをまとめることで配管などの施工費用を抑えることもできます。

    コンパクトなLDKだと約15坪=50㎡前後が目安の広さです。リビングとダイニングが一体化してしまうことが不安な場合は、キッチンや家具を工夫することで、開放的なLDKを叶えることができます。カウンターキッチンにしてみたり、テーブルをリビングとダイニング兼用のハイテーブルにするのがおすすめです。

    また、1LDKでも平屋なら、大きな収納スペースを設けることもできます。最近では、玄関に大きな収納を設けるのが人気です。シューズや洋服の収納だけでなく、サーフィンやキャンプ道具など趣味に使う道具の収納にも適しています。

    ワークスペースやゲストルーム付きの2LDK 

    一人暮らしで2LDKの注文住宅の平屋にすると、LDK+寝室に加え、趣味やワークスペースや、ゲストルームを設けられます。間取りの幅に比例して、生活の幅も広がります。

    四角形のシンプルな形状を保ったまま、2LDKを取り入れる場合は、廊下や部屋の仕切りを工夫するとよいでしょう。個室の仕切りを壁でしっかり区切ることで、コストは上がりますが、リビングとのしっかりとした境界ができ、ゲストルームや仕事部屋に適した空間を作れます。

    一方で、部屋の仕切りをあまり設けずに、土間や、趣味用の部屋などを設けるのもおすすめです。ペットと一緒に暮らす方や、趣味に没頭したい方に適した間取りになります。

    2LDKにすると、部屋を飛び出して設計することでL字型やコの字方の間取りが実現でき、庭や駐車スペースを取り入れることもできます。シンプルな形状からは、少し離れてしまうので、コスト面や耐震性に関しては注意が必要です。

    一人暮らし用の平屋を注文住宅で建てる際の費用の目安

    平屋にかかる建築費用は、坪単価×延床面積で求めることができます。坪単価によってわかる費用は、建物本体工事費用のみなので、全体の建築費用はもっと大きくなることを把握しておいてください。

    全国の平均となる坪単価の価格は、住宅金融支援機構による2022年度フラット35利用者調査によると、66〜70万円/坪です。

    また、国土交通省の住生活基本計画(全国計画)における誘導居住面積水準及び最低居住面積水準の資料によると、一般型誘導居住面積水準は、55㎡=16.6375坪です。

    坪単価と居住面積水準〜本体工事費用の目安は、1,098万円〜1,164万円になります。本体工事費用は全体の建築費用の約70%なので、付帯工事費用も加えると、だいたい1,568万円〜1,662万円あれば、一人暮らし用の平屋を注文住宅で建てられるでしょう。

    一人暮らしの人が平屋を建てる際の防犯対策の注意点

    R+house下関の家づくり写真
    一人暮らしの人が、注文住宅で平屋を建てる際に、最も注意が必要な点は、防犯対策です。シンプルな平屋だからこそ、内部情報がわかりやすく、セキュリティ面を強化する必要があります。

    防犯対策について詳しく解説します。実践できる防犯対策をぜひ取り入れてみてください。

    外部侵入対策を行う

    注文住宅の平屋の防犯対策として重要なことは、外部からの侵入を防ぐことです。平屋は、1階にすべての部屋があるため、侵入された際のリスクが大きくなるからです。

    具体的な対策の1つは、窓や雨戸にシャッターを設けることです。少し、見た目のクオリティは落ちますが、格子をつけることも効果的です。

    簡単に割ることのできない防犯ガラスや、二重窓を採用するのもよいでしょう。そもそも人の入れない大きさの窓にすることも1つの方法ですが、日当たりや風通しの観点から、バランスを考えることが大切になります。

    高い塀や生垣は、侵入を許してしまうと、完全にひと目につかなくなるため、実は逆効果です。玄関の鍵は、オートロックにしたり、防犯カメラやセンサー式ライトを取り付けたりすることをおすすめします。

    自分にあった防犯対策につながる立地を選ぶ

    一人暮らしの人が、注文住宅で平屋を建てる際にできる、もう1つの防犯対策は、立地を選ぶことです。人目につかない立地を選ぶこと、もしくはあえて人目につく立地を選ぶことも防犯対策につながります。

    そもそも家に気づかれなければ、侵入の可能性も減るので、人目につかない立地を選ぶことも効果があるでしょう。しかし、同時に人付き合いも少なくなり、人目のない場所は生活における利便性も低くなるので、注意が必要です。

    あえて、人目の多い立地を選んで、侵入を防ぐことも考えられます。周りの人にも見えるようにすることで、取り入れた防犯対策と掛け合わせて、より侵入しづらくしたり、もしもの場合、助けをすぐ呼べる点もあげられます。

    どちらにせよ、防犯対策となる構造や機械・道具を充実させることを怠ってはいけません。コストと理想のバランスだけでなく、防犯対策の面も考慮した自分にあっている立地選びを行いましょう。

    まとめ

    R+house下関の家づくり写真

    本記事では、注文住宅で建てる一人暮らし用の平屋の特徴を解説しました。具体的なメリットとデメリットについては、以下のとおりです。

    メリット
  • 自分の理想の平屋にできる
  • 動線をシンプルにできる
  • バリアフリーを取り入れられる

  • デメリット
  • 日当たりや風通しを考慮する必要がある
  • メンテナンスや維持管理の手間がかかる

  • 他にも、防犯面に関する注意点がありますが、平屋の注文住宅の需要は上がってきています。下関市では、高いデザイン性と優れた機能性を両立した平屋をR+houseで建てることができます。建材の仕入れルートの効率化や、工期短縮を行い、無駄なコスト削減と、セキュリティ面にも力を入れているので、ぜひ平屋もR+houseに問い合わせしてみてください。


    #平屋 #注文住宅 #新築 #家事がしやすい #1人暮らし #家事動線 #家づくりの基礎知識 #間取り

    おすすめのコラム
    家づくりの豆知識をお伝えします。

    R+house下関の家づくり写真
    家づくりノウハウ
    2024.03.08

    注文住宅のメリット・デメリットとは?後悔しないための注意点も解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    R+house下関の家づくり写真
    お金
    2024.05.07

    下関市の注文住宅の相場はどのくらい?費用を抑えるポイントや施工事例も解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    R+house下関の家づくり写真
    お金
    2024.04.04

    注文住宅を建てる際の住宅ローンの流れとは?注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    R+house下関の家づくり写真
    家づくりノウハウ
    2024.04.04

    注文住宅で地震に強い家にするには?5つの要素と注意点についても解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    前へ
    下関市の注文住宅の相場はどのくらい?費用を抑えるポイントや施工事例も解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】
    下関市の注文住宅の相場はどのくらい?費用を抑えるポイントや施工事例も解説:下関市・長門市の注文住宅・工務店なら【R+house下関】

    おすすめの施工事例
    こだわりの注文住宅をご紹介します。

    強みをご紹介
    私たちの家づくりの強みをご紹介します。

    商品
    私たちの商品をご紹介します。

    おすすめのイベント
    私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

    イベント画像
    個別相談会
    2024年5月01日~6月30日
    【下関市で開催!】個別相談会
    おうちづくりのギモンを解決!個別相談会開催中
    参加費無料

    R+house下関の家づくり写真
    Instagramで投稿している写真をご紹介します。

    R+house下関の家づくり写真

    お問い合わせ
    注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

    R+house下関
    住所
    山口県下関市長府安養寺1-15-13
    営業時間
    09:00~17:00
    休業日
    不定休